今朝も印象があった奈良の割り切り

きっと耳を閉じたいと思います

あなたが彼と一緒にいた3年間の思い出に勝るものはありません

とても好きなのに合格が多すぎる奈良の割り切り

 

奈良 〜割り切り出会い掲示板【情報】

今朝、夏目漱石の「硝子戸の中」を読みました。宗関が亡くなる1年前に新聞に連載されたエッセイ集です。

私が最初に読んだのは17歳の時でした。それ以来43年間繰り返し読まれてきた作品です。

奈良の割り切り特にOという同級生との交流が好きです。Oは久しぶりに漱石の家を訪れます。そせきが客室でOを待っているのを見て、Oは「恐れるな」と言う。久しぶりに出会った声です。しかし、この交流によって心が透明になったような清々しい気持ちになります。

奈良の割り切りこの部分を読んだとき、そうだね、友達はこんな感じだと思う。控えたりお世辞を言う必要はありません。

「私のガラスのドアの内側」は、一種の短編集です。すべての実話。他にも印象的な話がありますが、これからは朝食なのでいつか続けます。奈良の割り切り

私はいくつかの記事でそれを読みました、

「好きなタイプ」の人は離婚しがちなようです。

オリジナルのラブピンクフィルターの期限が切れて残酷な現実になったことは当然のことです

目の前で転がっています。

死ぬまで受け入れなければならない絶望。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です